【失敗すると大損!】仮想通貨投資で気をつけるべきこと

なぜ仮想通貨が注目されるのか

最近では仮想通貨を使った投資が注目され、値動きが激しく一獲千金を狙うチャンスがあります。
しかし、それゆえに失敗すると損失が大きくなり、きちんとチャートで値動きを観察することが大事です。
仮想通貨といえばビットコインが有名で、2021年には史上最高値を記録し厳しい経済情勢が続きますが一獲千金の夢を実現できる方法として注目されました。

仮想通貨は中央銀行がなくネット上での取引になり、需要に応じて値動きがあります。また、取引所によっては安く購入でき大きく値上がりをすると利益を出せ、取引はパソコンだけでなくスマホでもできて便利です。
このため、サラリーマンの副業としてスキマ時間に不労所得として資産を増やす方法として注目され、金銭的に余裕を持てるようにすると今後の生活に役立ちます。

詐欺に使われやすい

副業はインターネットの普及とともにパソコンやスマホでもでき、スキマ時間にお金を稼ぐ方法としても便利です。
しかし、メールやLINEなどのSNSを使って勧誘するケースがありますが、詐欺のため始める前にお金を振り込むように指示された場合はそのまま返金してもらえないこともあります。

仮想通貨は値動きが激しく一獲千金の夢を実現できるため、詐欺に使われる傾向が強いです。それゆえに副業の勧誘があり情報が不十分で怪しいと感じたら金融庁または消費者庁に相談し、アドバイスを参考にすると被害に遭うリスクを回避できます。

また、必ずしも値段が上がるわけではなく、誰でも簡単に多くのお金を稼げると誘われた場合には注意が必要です。
このため、自分自身で取引をして稼ぐようにしないと詐欺の被害に遭うリスクがあり、ある程度の知識をつけてから始める必要があります。

きちんと金銭計画を立てよう

仮想通貨は値動きが激しく一獲千金を狙えますが、欲を出して多くのお金をつぎ込むとリスクがあります。
また、詐欺が増えているため誘惑に負けやすくなり、きちんと金銭計画を立ててから失敗した場合でも日常生活に支障をきたすことがないようにすることが大事です。

仮想通貨で得られた利益は課税対象所得になり、確定申告を行いきちんと納税する必要があります。確定申告は経費がかかれば課税対象所得から控除され、有料の情報商材やセミナーなどが該当します。

有料のセミナーや情報商材は詐欺の被害に遭う場合もあり、返金されないなどのトラブルを防ぐことが重要です。副業で仮想通貨投資をするときはきちんと金銭計画を立て、誘惑に負けて使いすぎないようにする必要があります。