透明性が高く安全な仮想通貨ですが詐欺もあるので注意が必要です

仮想通貨がどこで発明されたのかは定かではありませんが、ある日本人のアイデアが元となっているようです。
仮想通貨は2008年から世の中に現れています。
2009年1月からは仮想通貨が本格的に流通し始めました。

仮想通貨とはいったい何でしょうか。仮想通貨は暗号通貨の一種ですが、安全にオンライン支払いを可能にするデジタル資産です。
高度な暗号技術により安全性が守られている資産です。分散型システムにより守られている資産ということもできます。

暗号通貨は、暗号化によって保護されているデジタル通貨または仮想通貨であり、偽造や二重支払いをほぼ不可能にしています。
それを可能にさせてくれるのがブロックチェーンと呼ばれる高い暗号技術です。解読は不可能であるとされています。

仮想通貨は銀行のように中央集権的に管理されている通貨ではありません。
インターネットユーザーが誰でも利用できる分散型システムです。
その高い暗号技術で安全性と透明性が確立されている素晴らしい通貨管理システムです。

ところが最近は仮想通貨詐欺の話を聞くことがあります。
ブロックチェーンのような高度な暗号技術を駆使しているのに、どうして仮想通貨詐欺が発生しているのでしょうか。
実際にあった仮想通貨詐欺の手口を知り、詐欺コインを見抜く力をつけておかなければなりません。

副業の一つの手段として仮想通貨を購入する人もいます。
仮想通貨にはさまざまな種類がありますので、新規発行され、すぐに値上がりが期待できそうなものが人気の中心です。やり方によっては短期間で大きな利益を得ることもできます。

事前にネットの口コミ情報などで仮想通貨取扱い業者の評判などをチェックしておくことがとても大切です。仮想通貨を購入する前にネットの口コミ情報でその安全性を確認しておけばそれだけで一安心です。

仮想通貨詐欺は文字通り仮想通貨を使った詐欺のことです。ネットワークビジネスを利用して、この仮想通貨は将来必ず値上がりするので購入しておいた方がお得です、などという記事を見ますが、安易にそれに乗ってはなりません。

ICO「InitialCoinOffering」イニシャル・コイン・オファリングという仮想通貨詐欺もあります。
これは日本語に翻訳すれば新規仮想通貨公開ということです。
新しく仮想通貨を発行し公開するので、前もってそれを購入すれば必ず儲かるというオファーです。

事前にしっかりと業者の評判をチェックしておくことが大切です。
それでも仮想通貨詐欺にあったら、消費者ホットライン(消費者庁)や国民生活センターで相談をして、盗み取られたお金を返金してもらうような手立てを考えなければなりません。