アメリカで仮想通貨のやり取りにあらゆる課税を行う見通し

2022年現在、アメリカで仮想通貨のあらゆる取引が課税対象となり、仮想通貨のやり取り事態に20パーセントの税を課すという方向性へかじ取りをしているようです。

これは、仮想通貨の個人間のやり取りのほか第3者の仮想通貨のやり取りをマイニングという手法で成立させ税収を得る手法においても同様に支払い報酬額から20パーセントを税金として国が徴収するという法案です。

この法案における利点については、資金を持つ投資家の仮想通貨のやり取りから20パーセントの税を毎回取得することができるため、利点においては高い税収入を得ることができるという点が利点です。

しかも海外の取引相手に対しても税を取り立てることができるため他国からも収益を得ることができるという利点があります。半面、投資をしている人物の中であまり財産を持っていない人物は仮想通貨のトレードに利点を見出すことが難しくなる可能性が高いです。

そのうえでさらに言えば、仮想通貨のマイニングつまりは第3者の仮想通貨取引を記録する作業でも収益の20パーセントを持っていかれるとなるともはやマイニングを行うことで収益を得ることも難しくなるため、アメリカで行われている仮想通貨の取引およびマイニングに参加をしたくないと考える投資家も出始めるはずです。

ただ、これは日本においてはチャンスとなる可能性もあり、アメリカにいる投資家を日本側に呼び込むことができれば日本の仮想通貨事業者側の収益とすることもできるかもしれないのです。

海外の仮想通貨取引所と日本の仮想通貨取引所の評判については、日本のトレードは安定的であるといわれており評判については悪くはありませんが、海外と比較した場合、有名ではない仮想通貨の銘柄に関してのトレードがないという点が海外取引事業者と比較した場合マイナス要因ですが、これらの問題についてはどのくらい投資家がやってくるかによってマイナーコインを解禁するかどうかを決めればよいので現段階では現状のままの日本のトレード方式で問題はないはずです。

アメリカが仮想通貨に対して大幅課税を課すことですが、これについては日本でも課税対象となる場合があります。そうした場合、仮想通貨の利点が果たしてどうなるかを考えた場合、衰退するという声もあれば日本の税収となったうえで繁栄をするという声もあり様々ですが、日本が仮想通貨を課税対象とするかどうかについては2021年現在今のところ課税対象としては見ていないようです。